高校生のふるさと学習がアツい!「加州大聖寺藩参勤交代うぉーく2019」

[`evernote` not found]
LINEで送る

先日、新聞にこのような記事が載っていました!

地元高校生の夢を実現させようと、来年の実施に向けて始動しているこちらのプロジェクト。
加賀ふるさと検定でも応援しようと思います!

なんと、検定テキスト(加賀市歴史文化学習帳)を編纂した江沼地方史研究会の山口会長も絡んでいるそうです。

発案校の先生方や有志メンバー等で結成された主催の「加州大聖寺藩参勤交代うぉーく2019」実行委員会によると、プロジェクトの趣旨は以下の通り。

~趣意~
①2人1組が約20kmずつをたすきで繋ぎ、参加者みんなの力で約540kmの加州大聖寺藩参勤交代(下街道)ルートを完歩する。
②加州大聖寺藩参勤交代について、参加者が旧街道を歩き、体全身で学び感じたことをSNS等を通じリアルタイムで市民に発信する。
③ありきたりの観光旅行とは違う今までにない新しい旅の形を提案する。参加者が旧中山道・北國街道・北陸街道沿いの知らない町を歩きながら、多くの人びとと出会い、古き時代の日本の原風景を再発見する旅を目指す。

とのことです。
当検定事務局でも、参勤交代でもたらされた影響など、関連する事柄をクイズにして紹介できたらなぁと考えております☆
がんばれ高校生!!

高校生のふるさと学習がアツい!「加州大聖寺藩参勤交代うぉーく2019」」への2件のフィードバック

  1. 「加州大聖寺藩参勤交代うぉーく」についてご紹介いただきありがとうございます。加賀商工会議所の皆様をはじめ、多くの加賀市民の皆様にご支援を賜り、実行委員一同、大変心強く思っております。しっかりと準備を立て、聖城高校生の夢を実現させたいと考えております。今後ともご支援よろしくお願い申し上げます。

    1. ご丁寧に、こちらこそ有難うございます。加賀ふるさと検定事務局です。高校生をはじめ子どもたちにも加賀市の良さ、歴史、文化を理解や興味を持ってもらえるべく、私達も頑張りたいと存じます。応援しております。

コメントは停止中です。