カテゴリー別アーカイブ: 未分類

加賀ふるさと検定LINEスタンプついに完成!!


本日(11/17)の北陸中日新聞朝刊のかが白山コーナーに、ドドーンとご紹介いただきました~!!

取材して下さった古田さん、有難うございます!

 

思い返せば今年7月…。

「もっと若い世代や働き世代の方に加賀ふるさと検定を受けてもらいたい!」

というおもいから、加賀ふるさと検定LINEスタンプ事業は始動しました。

(その頃のことはコチラの記事をご覧ください。)

 

事業費もなく、ただただ”加賀”をPRしたい(←もはや加賀ふるさと検定愛を越え)という気持ちだけですすみました。

高校生たちから想いの詰まったデザイン案があがってきて、それをペンタブレットやMacがない中、どう編集してよいものか…そこが一番苦労した点でした。

自分のFacebook(SNS)で「LINEスタンプの作り方をどなたか教えて下さい」と、無謀にも募ったところ、

「私で良ければ協力するよ~」と声を掛けて下さったのが、地元イラストレーターのあべゆみこさんでした。

LINEスタンプをつくったことのあるあべさんに、パソコンとコピー機のみでスタンプを編集する方法を教えていただき…やっとかたちになりました!(泣)

 

ネットで”LINE STORE”とまず検索し、クリエーターズマーケットにて「加賀商工会議所」または、「商子の加賀ふるさと検定ご当地スタンプ」と検索すると出てきます。

コチラからもデザインが見れますので、宜しければご購入を♡

ちなみに、色々調べると販売価格の120円(24個で)のうち、純粋な当方に入ってくる売り上げは半分よりさらに少ないそうです。

でも、少しでも売れたらそれを全て高校生以下の当検定受験者への助成積立金と致しますので、何卒宜しくお願いいたします☆

 

それにしても、やっとカタチになって良かったです。

高校生たちが「あ、このデザイン私が考えたやつだ~嬉しい~」とか話しているのを聞くと、ほっこりします。

商子の加賀ふるさと検定ご当地LINEスタンプは、検定テキストである加賀市歴史文化学習帳内にある方言に関するページから主に選出しておりますが、高校生らしいアイディアとして、加賀のご当地グルメや風土的なものを組み込んだ言い回しやデザインも含んで作成しました。

LINEを使用している若い世代の子たちが

「加賀の面白いスタンプできたんだって~。加賀ふるさと検定っていうのがあるんだ~」って少しでも興味を持ってもらえるといいなぁ。

 

LINEを使用している働きざかりの世代や、県外に出てしまった方々も

「加賀弁懐かしいなぁ。鴨、梨、棒茶が美味しいところだったなぁ。」と、地元愛を少しでも感じてもらえると有り難いです。

さぁ、加賀ふるさと検定の受験申込も佳境に入ってきました!!

12/8まで、まだまだたくさんの方からの受験をお待ちしております!

第2回おもてなし講座「鴨を学ぼう」を実施しました☆


 

今年の加賀ふるさと検定初級の専門テーマ「鴨」に合わせて、

主催の加賀商工会議所青年部さんが第2回目を「鴨を学ぼう」にして下さいました!

当日は検定事務局の私も参加者として急遽お邪魔してきました☆

集合場所は鴨池観察館。

初めに地域研修委員会の辻委員長司会の元、青年部の南海会長よりご挨拶。

加賀ふるさと検定のPRもして下さって有難かったです♪

専門テーマとして初級全60問中5問は「鴨」に関することが出題されますのでチェックですよ~。

早速講演会が始まりました!講師は櫻井レンジャー。

お若そうな方なのに…知識が豊富過ぎて驚きました!!鴨池がなぜラムサール条約で守られることになったのか?鴨のためにどう工夫しているのか?お話が興味深すぎて、あっという間に時間が過ぎました。

そのお話を受けて、館内ホールからロビーへ移動。

双眼鏡にてたくさんの鴨がいる鴨池を観察しました。

双眼鏡の映像をモニター映像でも見れるので面白い!

鴨の他にもたくさんの鳥を見れて、そのいる位置や数から理科かなにかで習った食物連鎖を思い出しました(笑)

そしてまたホールへ戻り、今度は坂網猟についての講演を。

大聖寺捕鴨猟区協同組合の池田さんの話がまた面白い!

加賀弁で優しく問いかけるようにお話しして下さるので、参加者からも思わず楽しい声がもれます。

美味しい鴨料理を食べたいなら、

「料亭山ぎしさんやばん亭さんで、池田さんから聞いて予約したいんですけど…」と伝えると、間違いないらしいですよ(笑)

坂網の構造の説明も受けた後、いよいよ猟場へ!!

なんと同館のすぐ近くなんですね!少し歩いてちょいと山を登れば10分もかからず猟場につきました。

残念ながら坂網を投げさせてもらう体験などに夢中になっていたら、肝心の写真を撮り忘れました…。スミマセン、、どなたか画像お貸しください…。

ここからは頭の中のイメージを膨らませて読んで下さい。

ーーーーー

小高い丘の上のような場所にたどり着き、ここだけ少し草刈りなど手入れされています。

1~2mおきに猟師さんが網を天高く投げ上げるための台が設置されています。

思ったよりその台は小さく、お立ち台くらいのサイズ感です。

率直な感想としては「この感覚で網を投げたら隣の人と網がぶつからないんだろうか…?」。後で聞いた話ですが、どこから鴨が飛んできたかによって、誰が投げるかルールがあるそうです。

青年部で若くして猟師となった方々から、網の投げ方などレクチャーを受けながら、大人も子供も投げる体験をしました。

体験したお子さんからは「重~い。まっすぐ上げるの難しいのに猟師さんってすごいなぁ」という声。

私も投げた感想ですが…「陸上部で砲丸投げとかやっていたらきっと上手にできただろうな」と思いました。

そう思うと、猟師さんの腕や肩の筋力。そして研ぎ澄まされた感覚(センス)は逸脱しているんだろうなと思います。

ーーーーー

はい、想像を解いてください。

ということで、下山(というほどでもないですが)して、帰りに貴重な「ともえ米」をいただき楽しい講座は終了しました♪

今年でもう終わりのこの「ともえ米」。かえって家で早速味わいました!小粒な米ながら食べごたえのある甘いお味。

もうどこにもないそうなので、参加して持ち帰った皆さん、味わって食べましょうね☆